ご挨拶
ネットに繋げば、誰でもお手軽快適オンライン対戦!
格ゲー好きにはたまらない時代ですよね。
このブログでは、そんな格ゲーの楽しさをアピールしていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2 人気ブログランキングへ
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヴァイスの音アルカナコンボ 

■ヴァイスのアルカナコンボ
前回のエントリ(該当エントリ)で、コンボは後日としていましたので、
ちょこちょこ書いてたヴァイスのコンボをまとめて、記事にしてみます。

コンボレシピを流用できる始動技からのコンボと
専用レシピを用いる始動技からのコンボに分けて書こうと思いますが、
今回は前者のコンボを紹介します。


web拍手 by FC2 人気ブログランキングへ
ヴァイスのEFコンボレシピ

コンボレシピ

EFコンレシピその1
始動技基本地上コン>EFC>
(前ステ)B>C>アクセンタス>エリアル1


※JEを始動技にする場合、エリアル1のJEで受身をとられてしまうため、
EFC後の「B>C>アクセンタス」の部分のBを除く。
また、基本地上コンの部分をB>C>6C>突剣にする場合も同様にBを除く。

Aゲージ1本とEFCを使用、基本の音EFコンでありながら、
凄まじいダメージを出す。攻めを継続し難いという欠点もある。
始動補正がきつい技がヒットした場合はダウンを奪う選択肢もあり。
また、画面端だと〆のヴィーヴォで受身をとられるので、エリアルを
JC>JB>JC>JE>JC>ヴィーヴォに変更する。

EFコンレシピその2
始動技基本地上コン>6HC>B>C>
(hj)エリアル2>(着地)B>昇竜>EFC>
(前ステ)B>アクセンタス>エリアル1


※JEを始動技にするとエリアル2のHC後のJCが受身をとられのでコンボ不可。

Aゲージ3本とEFCを使用する。すっごいダメージだよ!
といっても、コンボダメージはコンボ1と1000程度の差しかない。
このコンボに価値を見出せるかどうかは、あなた次第。
また、こちらもヴィーヴォ〆なため、攻めを継続し難いという欠点はコンボ1と同様。
つまり画面端でのコンボルート変更も同様に必要。

EFコンレシピその3
始動技基本地上コン>6HC>B>C>
(hj)エリアル2>(着地)B>昇竜>EFC>
(前ステ)B>C>エリアル3>(着地)アレルヤ


※JEを始動技にするとエリアル2のHC後のJCが受身をとられのでコンボ不可。

Aゲージ2本とブレイズを使用したヴァイスの最大コンボ。(おそらく)
エリアル3の時点で画面端に到達している必要あり、
画面端にいかない場合はダメージダウン。クリティカルハートレベルの威力をみせる。
その後22カウントはEFコンを使用できなくなってしまうので、ご使用は計画的に。
また、最後のアレルヤはコンボとして繋がるものではなく、
空中復帰狩り防止で相手が受身の選択をしないため繋がる。
(空中復帰をするかしないかの選択はブレイズの暗転後なので、
空中復帰をする人はまずいないと考えてよい)

コンボダメージ表
始動技 コンボ1 コンボ2 コンボ3
2A 10800 12600 12000
2B 11800 12800 12800
B 14300 15100 15300
4B 12700 13700 14500
JB 14500 15500 16200
JC 12600 13700 13900
JE 13200
フリーゲン 10700 12800 13000
グライテン 12100 14200 14600
※ダメージ値は元主人公キャラ愛乃はぁとで計測。
始動技、4B、フリーゲンの補足。
コンボレシピ1において、基本地上コンの部分を
~6HC>B>JB>jc>NH>JC>B>昇竜~とすれば1000程ダメージアップ。

コンボレシピ中の表記について
フリーゲン、グライテン
昇竜、突剣と表記する。
特に記述がない場合、昇竜はC、突剣はAを使用。

始動技
2A、2B、B、JB、JC、JE、フリーゲン(昇竜)、グライテン(突剣)

基本地上コン
~B>C>4B>昇竜>~
(始動技がBの場合最初のBは除く。昇竜、突剣の場合は同技までのコンボを除く)
~B>C>6C>突剣>~にする事も可能だが、ダメージが下がったり、
その後のコンボが繋がらなかったりする。

エリアル
エリアル1
コンボ1、2のEFC後に使うエリアル。
hj>JC>JB>(jc)JC>JB>JE>JC>ヴィーヴォ

エリアル2
コンボ2、3で使用、ディレイを用いたエリアル。
JB>ディレイJC>ディレイJE>B昇竜>HC>JC

エリアル3
コンボ3で使うエリアル。
JC>JB>JC>JE>JC>アクセンタス



始動技についての補足
音アルカナの使用意義の7割近くはEFコンを当てる事にあるため、
音ヴァイスは主にこれらの始動技を当てる事を目的として立ち回る。
それら始動技について解説的な補足をしておく。

JB、B:空対地通常技、地上通常技
始動補正がゆるく最大コンボになる。基本的にこの技を当ててコンボにいきたい。

JC、JE:空対地通常技
ヒットバックが大きいのでコンボにいき易いが、始動補正がきつくJEはコンボに制限も付きダメージが伸び難い。

2A、2B、4B:地上通常技
ヴァイスの2Aは下段ではないが連打可能な4F技で刻むにはもってこいの技、近距離戦では必須。
2B、4Bは共に下段技で2Bが6F、4Bが5Fとどちらも早い。しかし始動補正がきつくコンボダメージは伸び難い。
特に2Aの補正はきついく、フリーゲンと同程度である。
EFコンにいかず、ダウンを奪って起き攻めという選択肢もあり。

フリーゲン:必殺技
無敵技なので始動補正は最もきつい。基本ここからはEFコンにいかず、通常コンを選択する。

グライテン:必殺技
下段突進技、コンボ補正が2Bに次いできつい。EFコンにいきにくい。

アクセンタス:アルカナ技
発生保障を持つ切り替えし技だが、6GCをされるとお通夜。
単独でそんなにぶっ放していける技ではないがEFコンにはいける。
カノンが設置されてたり、フリーゲンの代わりにコンボの中継とするような状況ではEFコンにはいけない。
またゲージ使用無しでその後の立ちAからコンボが繋がる。

コマ投げ、空投げ:コマンド必殺投げ技、通常空中投げ技
どちらもコンボにいけるが始動補正が厳しい。
が、崩しには必須で、コンボ補正がきついといっても、音なので
EFコンをすればダメージは通常キャラと同程度まではある。
起き攻め重視でダウンを奪う選択肢もあり。

次回はこれ以外の始動技を用いたEFコンを書いていきたいと思います。
関連記事
( 2011/04/18 21:43 ) Category 音アルカナ攻略 | TB(0) | CM(0)
人気ブログランキングへ  検索エンジン・検索サイト【WODGE】
にほんブログ村 ゲームブログ 格闘ゲームへ 
ブログランキング参加中 宜しければクリックを
格闘ゲーム 相互リンク∞PS3全般
ゲーム・攻略ブログ・ランキング
トップページ > スポンサー広告 > ヴァイスの音アルカナコンボトップページ > 音アルカナ攻略 > ヴァイスの音アルカナコンボ
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

poison pit viper

Author:poison pit viper

ゲームが好き、
とりわけ格闘ゲームが大好き!
そんな人間です。

家ゲー勢なんで、
ちょっとだけアケ勢に
憧れを持ってます。

いつかアケステ買って
アケデビューしてやろう、
そんな風に思ってます。

poison pit viperって名前なんですけど、
日本語にすると毒マムシです。
思いつきで付けた名前なんで、
別に毒とかは持ってません。

……本当だよ! 嘘じゃないよ!

てことで
コメントやリンクはお気軽に、
ブロとも申請、相互リンク申請なども
お待ちしてます。
ツイッターもやってるので、
フォローしてくれたりすると嬉しいです。


また、何かご用件のある方は
連絡フォームにお願いします。


カテゴリ
twitter始めました


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。